本文へ

Fukuoka Art Next

Fukuoka Art Award福岡アートアワード

趣旨

福岡アートアワードは、福岡市美術館が、Fukuoka Art Nextの一環として実施する事業です。福岡市内で目覚ましい活動をおこない、今後さらなる飛躍が期待できるアーティスト(美術作家)を対象に、作品の買い上げをもって贈賞します。贈賞によりアーティストを支援し、買い上げ作品は福岡市美術館の所蔵品として展示活用されます。これにより、福岡市にアーティストが集まり、質の高い作品の展示や市民がアートに親しむ機会が増え、福岡市が彩りにあふれたアートのまちとなることを目指します。

賞について

自薦・他薦にて対象アーティストを募集します。福岡市美術館が委嘱する推薦委員が推薦するアーティストもあわせて対象とします。応募者の中から、選考委員が下記の賞の受賞者と買い上げ作品を選考します。

  • ◆市長賞 1名
  • ◆優秀賞 2-5名程度

[買い上げ総額700万円(予定)]

賞の対象

以下の(1)(2)いずれにも該当するアーティスト(美術作家)が対象となります。

  1. (1) 過去1年間(2021年11月から2022年10月)の間に、福岡市内で、展覧会、アートフェアなどへの出品、レジデンス、アート・プロジェクトの実施など、1つ以上の活動をおこなったもの。(公開・発表をともなわない制作活動は含みません。)
  2. (2) 過去5年以内に制作した、福岡市美術館が買い上げ可能な作品を有するもの。
    • ※アーティスト(美術作家)の国籍、年齢、在住地は問いません。
    • ※ユニット、グループでの応募も可能です。
    • ※自薦・他薦は問いません。他薦の場合、推薦者に条件はありませんが、必ずアーティスト本人に承諾を得た上でご応募ください。
    • ※同一推薦者によるアーティストの推薦は3名までとします。
    • ※受賞した場合、アーティスト名、経歴、受賞作品などをウェブサイトやマスコミへのプレスリリース等で公表します。これに協力できることを条件とします。

選考委員

画像:水沢 勉氏
水沢 勉(みずさわ つとむ)
(神奈川県立近代美術館 館長)

1952年横浜市生まれ。1978年慶應義塾大学大学院修士課程修了後、神奈川県立近代美術館学芸員として勤務。2011年より現職。主な企画展に、「萬鉄五郎展」(1985)、「エゴン・シーレとウィーンの世紀末」(1986)、「オットー・ディックス」(1987)、「芸術の危機」(1995)、「アントニー・ゴームリー」(1996)、「世界図鑑」(2007)、「エル・アナツイ」(2011)など。第26回サンパウロ・ビエンナーレ(2004)日本コミッショナー(「Vozes de Sibéria: Shin Miyazaki」)、第3回横浜トリエンナーレ「タイムクレヴァス」(2008)アーティスティック・ディレクター。

画像:植松 由佳氏
植松 由佳(うえまつ ゆか)
(国立国際美術館 学芸課長)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団勤務を経て、2008年より国立国際美術館に勤務、2021年より現職。現代美術を中心に国内外で展覧会を企画。近年の主なものに「They Do Not Understand Each Other」(2021、共同企画、香港Tai Kwun Contemporary)、「ヤン・ヴォーーォヴ・ンヤ」(2020)、「国立国際美術館開館40 周年記念:トラベラーまだ見ぬ地を踏むために」(2018、共同企画)、(いずれも国⽴国際美術館)など。第54 回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー(2011、作家:束芋)、第13回バングラデシュ・ビエンナーレ日本参加コミッショナー(2008)を務めた。文化庁アートプラットフォーム事業・日本現代アート委員会副座長。

画像:堀川 理沙氏
堀川 理沙(ほりかわ りさ)
(ナショナル・ギャラリー・シンガポール、キュレートリアル&コレクションズ ディレクター)

1978年米国ミシガン州生まれ。九州大学大学院修士課程修了。専門はアジア近現代美術史。2002-2003年中国ロング・マーチ・プロジェクトに関わる。2003-2012年福岡アジア美術館、2012年よりナショナル・ギャラリー・シンガポールに勤務し、2021年より現職。主な企画展に、同館での「Between Declarations and Dreams: Art of Southeast Asia since the 19th Century」(2015)、「Reframing Modernism: Painting from Southeast Asia, Europe and Beyond」(2016)、「(Re)Collect: The Making of Our Art Collection」(2018)など。

募集内容

  1. (1) 募集期間
    2022年9月15日(木)から10月31日(月)まで
  2. (2) 応募方法
    下記のファイルをダウンロードし、応募様式に必要事項を記入の上、補足資料(④、⑤)とともにオンラインフォームよりご応募ください。
    [ 応募様式 ]
    1. ①アーティスト情報(*他薦の場合、推薦者情報も記入)
    2. ②過去1年間の福岡市内での活動実績(1つ以上)
    3. ③買い上げ可能作品情報(5年以内に制作した1-3点)
      • ※平面・立体・写真・映像・インスタレーションなど、形式・サイズは問いません。
      • ※アーティスト自身が所有する作品、アーティストの取扱ギャラリーが所有する作品に限ります。
      • ※買い上げ可能作品につきましては、1次選考後にあらためてお伺いします。作品の取り置きをお願いするものではありません。
    [ 補足資料 ]
    1. ④過去作品のポートフォリオ(A4サイズ10頁、20MB以内)
    2. ⑤「②過去1年間の福岡市内での活動実績」を証明するもの(パンフレット、チラシ等)
  3. (3) 注意事項
    • オンラインフォーム以外からの、メール、郵送での応募は受け付けません。
    • 応募書類は返却しません。
    • 応募書類に不備がある場合、記載内容に虚偽の内容が含まれていた場合は失格とします。

こちら(オンラインフォーム)からご応募ください。

選考結果と発表

  1. (1) 1次選考結果
    2022年12月中に1次選考通過者のみにメールにて通知します。
  2. (2) 選考結果(受賞者、買い上げ作品)
    2023年3月中旬に発表します。

お問い合わせ

福岡アートアワード事務局
E-mail:info@fukuoka-art-award.jp
Tel:03-5428-3326(平日10-16時)